LEDウインカー取り付け重大ミス!

先日GSX-S1000のウインカーをLEDに変更しましたが、重大なミスがありました。
そのため、私が取り付けたLEDウインカーは軸が折れてしまいました。
原因は、LEDウインカーを取り付けるためキジマのウインカーベースマウントを使用したのですが、このマウントのウインカーを通す穴が17mmあるのでウインカーの軸が穴に入っていってしまいます。
DSC_0036.JPG
ウインカーの軸は転倒時に折れないように途中ゴムだけでつながっている部分があるのですが、軸が穴の中に入っていってしまうとウインカー本体のダイキャストで留まるので、ゴムのつなぎ目も穴の中に入っていってしまってボルトで留めたときに、テンションがこのゴムの部分にかかってしまうので、ここから破断して折れてしまいました。
DSC_0095.png
なので、写真のように軸が穴の中に入っていかないようにPOSHのカラーを入れました。
ポッシュ(POSH) 内径変換アルミカラー(M10→M8) 2個入り 901008
ポッシュ(POSH) 内径変換アルミカラー(M10→M8) 2個入り 901008
これはM10→M8に内径を変更するときに使用する変換用のアルミカラーです。
これを挟むことで軸が中に入っていかなくなりちゃんと留まるようになりました。

壊れた右側も接着剤で直して取り付けました。
DSC_0094.JPG
瞬間接着剤だと振動でまた破断すると思うので、硬化に時間はかかりますが振動や劣化に強い接着剤で貼り付けました。
この折れたつなぎ目はウインカーの中が見えてしまっているので、ここをしっかり張り付けておかないと中に水が入ってきてしまうので、隙間なくしっかり張り付ける必要があります。

今回自分のミスで壊してしまいましたが、出先で壊れなかったのは不幸中の幸いでした。
専用品でポン付けできる部品でない限り、よく考えて取り付けないと大変なことになるなることを痛感しました。
特に素人は注意するツボが分かっていないので、特に注意しなければいけないと再認識しました。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント